確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

2017年9月25日

今回の解散総選挙に当たって

 9月25日、安倍総理は、28日国会開会冒頭の解散を表明しました。
 本年6月に選挙法が改正され、一般的な周知期間と言われる3ヶ月以降の総選挙で、違憲状態の解消と衆議院の定数削減が可能になったわけですから、この時期のできるだけ早い解散総選挙は、民意を的確に反映しつつ、税金の節約を図るためにも、政治の責務を果たしたものと思います。
 加えて、人口減少や東アジアの緊張などの諸課題に鑑みれば、選挙による政治の空白期間を最小限度に止め、その後は、国民の信任を得て、自民・公明の安定した連立政権を継続することが、国益に資するものと考えます。
 さらに私も、4期目の活動の中で、3回目の副大臣に任命されたほか、党を代表して、森友学園の籠池氏への証人喚問を行うなど、政府や党でのキャリアを積んで参りました。これまでのキャリアをいかし、今まで以上に、国家国民と地域社会のため、お役に立って参る所存です。
 皆様には、更なるご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

2017年4月3日

平成29年新年のご挨拶

平成29年の新しい年が明けました。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。旧年中は、おかげさまで、9月26日まで、衆議院法務委員長の職を務めることができました。本当にありがとうございました。
また、コラムでも紹介させていただきましたが、8月には、自由民主党の総務部会長に任命され、地方の税財源の確保等のため、忙しい日々を過ごさせていただきました。
本年は、地方の自立力を強化するとともに、我が国が第4次産業革命の先頭に立つため、総務部会長としての積極的な取り組みを進めて参ります。また、農林・食糧戦略調査会副会長として、将来に希望の持てる農業の確立に取り組みます。
何かと忙しい年になりそうですが、皆様からの一層のご指導・ご鞭撻を賜れれば幸甚に存じます。

平成29年1月吉日