確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


農業農村整備の集い(R2.11.20)

11月20日、農業農村整備の集い。全国の土地改良事業団体の関係者の皆さんが集う。今年はコロナ禍のため、参加人数を3分の1ほどに絞っての開催だ。毎年のことだが、主催者の配慮はすばらしく、野上農林水産大臣(富山選出)の目の前に富山県の代表が座り、私の目の前には茨城の代表者が座るという席の配置だった。

静岡県土地改良事業団体連合会の要請を受ける(R2.11.20)

11月20日、静岡県土地改良事業団体連合会の要請を受ける。大先輩である塩谷立衆議院議員・農林食料戦略調査会長も同席。市町村の土地改良・災害査定関係の技術者が足りなくなってきており、善後策を講じて欲しい旨の要請。私からは、まずは県に対する支援を行うことにしたほか、計画的・継続的に事業費を確保し、技術者を育てていくことが大切と失言。

沖縄県副知事等の要請を受ける(R2.11.20)

11月20日、沖縄県副知事・JA沖縄中央会の要請を受ける。沖縄県の主産物であるサトウキビについては、生産費が市場価格よりも高いため、その差額を、国が補填する仕組みをとっている。要請を受け、適切な算定を行う旨申し上げる。

福岡県知事の要請を受ける(R2.11.18)

11月18日、福岡県の小川知事の要請を受ける。福岡県は、果樹などの産地作りに熱心で、輸出にも関心が高い。私からも、今回の種苗法改正の内容を説明するとともに、国と県がしっかり連携を図りたい旨発言。

秋田県知事の要請を受ける(R2.11.18)

11月18日、秋田県の佐竹知事の要請を受ける。農業農村整備事業の事業費の確保、間伐の推進等の要請。佐竹家は、関ヶ原の合戦の後、常陸国から出羽国に転封となった。そんなご縁で、茨城と秋田の納豆消費量が多いと聞く。

国家戦略特区ワーキンググループで発言(R2.11.16)

11月16日、国家戦略特区ワーキンググループが開催される。議題は、株式会社による農地所有を認める兵庫県養父市の特区の取り扱い。6社が参入したが、1社は休眠中、しかも、25ha弱の農地利用のうち、所有は1.6haに止まる。少なくとも現状で、その経済効果を評価できる段階にはない旨発言。

都心・臨海地下鉄推進退大会で挨拶(R2.11.12)

11月12日、東京都中央区などが主催する都心・臨海地下鉄推進大会で、つくばエクスプレス利用・建設促進議員連盟会長として挨拶。つくばエクスプレスと都心・臨海地下鉄を結ぶことで、ネットワーク効果を最大限に引き出すため、連携を図っていきたい旨挨拶。