確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


地元経済人との会合(H30.3.12)

3月12日、水戸市内で茨城の経済界の方々と懇談。霞ヶ浦の浄化を起爆剤とした茨城県の発展戦略について語る。また、今話題となっている財務省の文書書き換え問題について、もしかしたら小役人的な完璧主義から行われたことかも知れないが、政府全体の問題であり、対応を誤れば深刻な事態となりかねないことを指摘。

暮れの韓国出張(H29.12.28)

12月26日から28日まで、私は韓国に出張してきた。平昌オリンピックや難民への対応を初めとした入国管理オペレーションの連携や、国際仲裁に関する広報・法制度整備など、日韓両国が実務レベルで連携を深めていかなければならない場面は大きくなっている。写真は、朴法務大臣との会談後のツーショット。

圏央道4車線化への要望(2)(H29.12.12)

菅官房長官の後、石井啓一国土交通大臣に、大井川知事や自民党県連幹部とともに圏央道4車線化の早期実現を要請。石井大臣から、平成30年度から財政投融資資金を活用して事業を着工するとの回答を得る。

医療政策研究会の要望活動(H29.12.04)

この日、私が所属する医療政策研究会の要望書を菅官房長官に手交。医療は、治安と並んで、国民の安全安心の基盤だ。財政の論理だけでなく、しっかりとした目配せが必要と思う。

国際法務総合センター落成(H29.11.27)

この日、東京都昭島市に、医療刑務所・少年院、矯正・公安の研修所、及び法総研の国際協力・研修部所を一カ所で運営する国際法務総合センターが落成、落成式で祝辞を述べた。法務部門における国際連携が今後ますます重要になることに加え、一体的施設運用によるシナジー効果も期待できよう。そして、何よりも、かつて老朽化していたの施設と比べると、新しい施設は気持ちよい。

リサイクル議連事務局次長に就任(H29.11.24)

この日私は、甘利明衆議院議員を会長とする超党派のリサイクル議連義務局次長に就任。特に古紙持ち去り問題について、議員立法の検討も含めて対策を講じていく必要性を訴えた。

地元農業団体との懇談会(H29.11.08)

11月8日、茨城県の農業団体との懇談会が、議員会館で開かれる。10月の総選挙におけるご支援へのお礼を述べるとともに、平成30年から廃止が決まっている生産調整協力金制度(民主党政権時代の「戸別所得補償」)に代わる自主的な生産計画の枠組みをしっかりと実施していく決意を述べる。

総選挙後、法務副大臣兼内閣府副大臣に再任される(H29.11.02)

11月1日、第4次安倍内閣が発足。私は、法務副大臣兼内閣府副大臣に再任された。我が国の直面する課題は極めて多く、司々で問題に取り組む姿勢が大切だ。法務省では、当面、難民への対応や所有者不明土地問題に取り組んでいくこととなる。