確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


第3回農業の人材確保に向けた検討会(R3.6.30)

6月30日、第3回農業の人材確保に向けた検討会。今回は、実際に新規就農し、経営を起動にのせている方々からのヒアリングを行う。それぞれの苦労や工夫を聞き、大変参考になった。また、今後の効果的な支援のあり方についても考えさせられた。

ALPS処理水関係閣僚等ワーキンググループ会合で福島出張(R3.6.29)

6月29日、福島第1原発のALPS処理水関係閣僚等ワーキンググループ会合で福島出張。福島で3回目となる会合には、森林組合連合会、商工会連合会及びいわき市が参加。政府にとって最優先課題のため、当日の利根町町長選出陣式は欠席せざるを得なかった。私からは、福島の森林の再生のため、現在行っている施策や、今後の取り組み等を説明した。

茨城県警備業協会総会であいさつ(R3.6.24)

6月24日、水戸市で茨城県警備業協会総会が開催され、挨拶。翌日、翌々日とも出張のため、午前中にPCR検査を受け、コロナ陰性を確認してからの参加となった。私は、警察庁に入庁したての昭和60年頃、警備業法等の担当係長をしていたことがある。当時「派遣事業法」の立法作業が行われたが、警備業は、その性質上、派遣事業の対象としてはなじまないため、「派遣に適さない業種」に指定させた経緯等のお話をした。もしも警備業で派遣が認められていたら、それこそブラックな業種の典型となっていたかも知れない…

かわうちワイナリー開所式(R6.6.26)

6月26日、かつて福島第1原発の事故で全村避難を余儀なくされた福島県川内村で、復興の起爆剤とすべく計画されてきた「かわうちワイナリー」の開所式が行われ、私は、農林水産省を代表して参加した。私の地元牛久市には、日本最古のワイナリーで、日本遺産や重要文化財に指定されている「牛久シャトー」がある。早朝にその地元を発ったこの地を訪れたことを紹介し、「日本最古のワイナリーを地元に持つ私が、農林水産省を代表して、日本で最も新しいワイナリーの開所を祝うことができることを光栄に思う。このワイ…

ALPS処理水関係閣僚等ワーキンググループ(水戸)(R3.6.25)

6月25日、茨城県の水戸市で、福島第1原発のALPS処理水関係閣僚等ワーキンググループが開催され、政府から、海洋放出の方針決定の経緯や風評対策についての説明を行った後、私から、農林水産省としても、現場に寄り添いながら正確な情報提供に努め、風評被害を起こさない対策を徹底したい旨説明した。当日は、知事や県議会議長のほか。県内の農業、水産業、商工、旅行旅館業、市長会、町村会の関係者が一堂に会した。

農林水産研究イノベーション情報交換会(R2.6.24)

6月24日、みどりの食料システム戦略の策定を受け、農林水産省関係の独立法人等の研究機関が一堂に会した農林水産研究イノベーション情報交換会が開催された。このように、我が省関係の研究機関の長が一堂に会する会議は、これが初めてとのことだ。科学技術のイノベーションをさらに進めるほか、現在までに確立された技術は、我が国農林水産業の宝であり、これを確実に社会に実装していくことも必要だ。その意味で、有意義な意見交換会となった。

島根県知事からの要請を受ける(R3.6.24)

6月24日、丸山島根県知事からの要請を受ける。林業や水産業について、しっかりとした後継者対策を講じてほしいというもの。思いは我々も共有している。その上で、国産材の需要拡大や不漁対策などを通じ、これらの産業を、より魅力のあるものとしていきたい。

自民党阿見支部役員会(21.06.19)

6月19日、自民党の阿見支部役員会が開催され、出席する。20人ほどの会合だが、それでも、このような会合に出席して30分ほどお話しするのは、久しぶりの機会だ。ワクチン接種の展望、今後の政治日程、アフターコロナのため未来への投資を行わなければならないこと等に加え、農林水産副大臣の仕事も紹介する。私の選挙区でも、7月末までには65歳以上の希望者へのワクチン接種が完了する予定だ。それ以降は、ワクチン接種済みの方々を対象としたミに集会等の開催が可能となる。そのような場で、私の政治活動へ…

食料・農業・農村政策審議会への諮問(21.06.17)

6月17日、食料・農業・農村政策審議会が開催された。先の鳥イエンザエンザの大量発生を踏まえ、省内や自民党内でも、飼養衛生管理の強化策等について議論を行ってきた。漸くその議論がまとまり、省令や指針の改正について、食料・農業・農村政策審議会に諮問する運びになった。これから精力的に、専門的なご議論をいただくことになる。なお、会議はオンラインで行われた。