確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


文部科学委員会で初質問(H16.12.1)

文部科学委員会で、中山大臣に対し初質問。警察庁少年課での経験に基づき、奈良での小1殺害事件などを踏まえ、子供を小児性愛者の魔手から守る対策、さらには、フリーター対策、幼保一元化問題等について質問。

中曽根・宮沢両元総理が公述人に(H16.11.11)

11月11日の衆院憲法調査会は、中曽根元総理、宮沢元総理及び武村元蔵相を公述人として招く。元総理の発言にはやはり重みがある。会議開催前に、中曽根元総理から、「葉梨君の先の意見表明(10月21日)の議事録は参考になった。」と声をかけられる。写真は他の活動写真と同様、葉梨康弘が携帯で写す。

地元の農業者との意見交換(H16.10.25)

葉梨康弘は、10月から、党総合農政調査会経営対策PT委員に選ばれ、抜本的な農政改革に取り組んでいる。写真は、地元農業者との意見交換の模様。現場の声を大切に、変革期の農業政策の再構築を目指す。

衆院憲法調査会で意見表明(H16.10.21)

10月の臨時国会から所属させていただいた衆院憲法調査会で意見表明。先に小泉総理が表明したわが国の常任理事国入りに関連し、国際機関と憲法9条の関係について分析、わが国が、国際的にも理解可能な平和主義を打ち出していくためにも、憲法委員会の設置と憲法の改正が必要という持論を展開。

東京でのパーティー(H16.10.21)

10月21日、東京での初のパーティーとなる「葉梨信行君の労をねぎらい葉梨康弘君の活躍を期する集い」を開催。党・内閣から武部幹事長、島村農水相、棚橋IT相ら、宏池会から堀内会長(前党総務会長、写真)はじめ諸先輩方、党派を超え、中野衆院副議長、太田公明党幹事長代行ら多数の来賓の方にかけつけていただき、盛会のうちに終了。大変有難うございました。心をひきしめて頑張ります。