確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


東京への近さを生かす。牛久市での街頭(R3.10.24)

10月24日、牛久市での街頭演説。牛久市はこれまで、東京のベッドタウンとして発展してきた。「ひたちの牛久」駅も、昭和60年の万博中央駅をもとにしたものだ。後述する高齢化の進む旧来の団地に対する対策のほかに、やはり、新たに人を呼び込むため、牛久をもっと東京に近くする戦略が必要だ。その意味で、平成16年の国会質問で後押しした「JR上野東京ライン」の輸送力増強が大切だが、そのためにも、身近な競争相手であるつくばエクスプレスにも頑張ってもらい、双方がいい意味での競争を行い、殿様商売に…

阿見町での街頭(R3.10.24)

10月24日、阿見町での街頭。昨日に引き続き、霞ヶ浦導水事業による霞ヶ浦の水質浄化を起爆剤とした地域発展の構想を語る。 成田・茨城空港に近い日本第2の湖の浄化が果たされれば、アフターコロナの時代、外国人の方が訪れる魅力ある資源となり得る。霞ヶ浦2橋も、阿見町の皆さんが土浦協同病院に早く通うためだけに造るのなら、地方負担でまかなえということになるが、外国人観光客が霞ヶ浦を周遊し、日本でお金を落として頂けるなら、国の事業として行う可能性が高まることを説明。

旧東町での街頭(R3.10.23)

旧東町での街頭。霞ヶ浦導水事業は、私が法務副大臣時に和解し、民主党政権で中断していたものを再開にこぎつけた(令和12年完成予定)。その意義を報告。水中の有機物の量を示すCOD(化学的酸素要求量)は、8.0以下で水泳可、5.0以下で水泳適と言われ、勿論5.0以下が推奨される。昭和40年頃、霞ヶ浦は、4.0台だったが、その後急激に悪化して遊泳場は閉鎖され、昭和50年代には14.0まで上昇した。それが、多くの方の努力で、現在は6.8、あと一歩のところにきている。これを那珂川の水(2…

旧桜川村・大杉神社境内で街頭演説(R3.10.23)

10月23日、旧桜川村・大杉神社境内で街頭演説。民主党政権下の平成24年、裁判を起こされたことを理由にと中断してしまった霞ヶ浦導水事業は、私が法務副大臣時に和解。平成29年に公示が再開して。完成は令和12年まで伸びてしまったが、これが完成すれば、「泳げる霞ヶ浦」が現実のものになってくる。これを起爆剤にした観光開発を進めることで、地域に雇用を生み、経済の柱としていかなければならない。ちなみに、大杉神社は、霞ヶ浦の漁業や航海の安全のため、約1300年前に創建された。

旧江戸崎町での街頭演説(R3.10.23)

美浦村の後、旧江戸崎町での街頭演説。政府のコメ対策を説明した後、野党のコメ政策について論評。農家向けには、「備蓄米を買って米価をつり上げる。」と言いながら。消費者向けには、「買ったコメは、生活弱者にタダで差し上げる。」という。これでは、需給の引き締めには一切効果がないばかりか、米価が暴落することも説明。

美浦村で街頭演説(R3.10.23)

10月23日、美浦村での街頭演説。コメの売値がそれほど下がっていないにもかかわらず、農家の手取りが下がってしまった背景を説明。既に、来年には追加払いの余地ができるような対策を講じたことを説明し。自民公明の連立政権は、しっかりと、農家の安心を確保していく。

寒さの中、取手駅西口(R3.10.22)

10月21日早朝に藤代駅で駅立ちした後、10月22日早朝は、取手駅西口で駅立ち。取手市議会議員の皆様や、郵便局長会初めとした後援会の皆様とともに、お願いをした。冷たい雨の中協力して頂いた支援者の皆様には、言葉の本来の意味で感謝感激。

総選挙公示翌日の牛久駅での駅立ち・街頭(R3.10.20)

10月19日は、取手駅西口での駅立ちの後、出陣式を済ませた。その写真もあるはずだが、そのデータが手元にないので、後日アップする。翌日は早朝から牛久駅での駅立ち、自民党牛久支部の皆さんや郵便局長の皆様にお世話になった。その後午前8時に選挙カーと合流し牛久駅頭で街頭。現在当たり前のように利用している「上野東京ライン」だが、平成15年頃には、神田駅周辺商店街の反対により計画が頓挫していた。平成16年に、私が国会質問で、国土交通省もJRと一丸となって説得に当たるよう要請し、神田商店街…

守谷駅を皮切りに駅頭に立つ(R3.10.18)

10月19日公示、31日投開票の衆議院議員総選挙の日程が決まった。私も、すぐに地元活動に入りたかったが、自民党のコメ政策の取りまとめ、自民党の公約作り、公約の議員向け説明等で、なかなか地元に入れないでいた。これからは地元活動だ。この日、10月18日の守谷を皮切りに、取手、藤代、龍ケ崎市、牛久等、順次駅頭に立っていく。選挙の手伝いに来ていた長女・3女と一緒に駅頭に立った。急な寒さに見舞われ、手足をさすっていたら、3女から、「パパ見苦しいからやめなさい。」と言われてしまった。写真…