確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

目で見るはなし康弘の活動


浄化槽の対策強化を小泉環境大臣に要請(R1.12.05)

12月5日、浄化槽に係る対策強化について、小泉環境大臣に要請。合併浄化槽の普及と適切なメンテナンスは、河川の水質浄化の大きな鍵だ。私の地元には、霞ヶ浦という日本第2の湖があるが、その水質浄化は、地域再生の起爆剤ともなり得る。大いに力を入れていきたい。

一連の台風被害への対策とりまとめ(R1.10.25)

台風15号に引き続き、台風19号は、さらに広範囲に、甚大な被害をもたらした。田畑や樹園地の浸水や用水、揚水機場の損壊等の農業生産基盤の毀損、農作物への被害、農業機械の損壊等々だ。農林漁業者が営農等の継続をあきらめてしまう場面も想定され、対策を早期に打ち出すことが求められた。農林水産災害対策委員会でも、現場の実情を踏まえた議論を行い、10月12日の台風19号上陸からおよそ2週間で、対策パッケージをとりまとめた。

災害対策、豚コレラ問題等に関し予算委員会で質疑(R1.10.10)

10月10日、予算委員会の基本的質疑(TV中継)で、質問に立つ。台風15号は、茨城、千葉等に甚大な被害をもたらした。党の農林水産災害対策委員長予定者として、その対策に万全を期すべきことを述べるとともに、迫り来る台風19号への備えをお願いした。また、養豚農業振興議連幹事長として、まもなく開始される飼養豚へのワクチン接種の考え方を国民の皆様に具体的に説明させていただいた。

自由民主党農林水産災害対策委員長に就任(R1.10.15)

令和元年10月12日の台風19号による甚大な被害を受け、それまで数ヶ月間空席だった自由民主党農林水産災害対策委員長に就任。9月の台風15号のほか、その後も被害をもたらした台風21号、22号に係る復旧・復興対策に奔走することとなった。昨年の西日本豪雨の被害額は5000億円を超えたが、今年は7000億超と、毎年毎年、甚大な被害が恒常化しつつある。これからは、インフラ面の備えだけでなく、高温や強風に強い品種の開発など、総合的な対策が必要になる。

台風15号による農林水産被害対策のとりまとめ(R1.10.1)

10月1日8時半から、主に茨城・千葉に甚大な被害をもたらした台風15号等に係る農林水産被害対策の会合(農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議)が、党本部で開催された。その前日の役員会でも意見を述べさせていただいたが、応急的な措置は勿論のこと、今後も大規模な災害の発生が予想される中、鳥瞰的に災害被害対策のメニューを策定し、あらかじめ地方自治体や農家に周知させていくことも必要と思う。

いきいき茨城夢国体・自転車競技が開会(R1.9.30)

国民体育大会の自転車競技は、9月29日のつくば市でのロード競技、10月1日からの取手市でのトラック競技が開催される。この日は、茨城県自転車競技連盟の会長として、各都道府県から来訪された競技大会役員の皆様に対し、歓迎の挨拶。翌日からのトラック競技での健闘を祈る。

税理士による葉梨康弘後援会で講演(R1.9.27)

税理士による葉梨康弘後援会で、1時間ほど講演。我が国の人口が急激に減少する中、社会保障の在り方をどうすべきか、外国人も含めた人材確保方策をどうすべきか等について、私たちの考え方を述べる。我が国の合計特殊出生率は、平成元年の1.57が、平成18年には1.26まで下がり、その後は上昇に転じ、昨年は1.43。(この3年間は下がり気味だが)フランスやスウェーデンが、1.4まで下がった出生率を現在は2.0程度まで回復させていることを考えると、決してあきらめる必要はない。

令和元年いきいき茨城夢国体が開幕(R1.9.28)

この日、天皇皇后両陛下のご臨席を賜り、「天皇陛下ご即位記念・第74回いきいき茨城夢国体」の総合開会式が盛大に開催され、私も役員として参列、感動を共にした。写真は、地元茨城の役員・選手団の行進と全国から集まった選手の皆様。この開会式で、私たちは、未来に向けた国造りへの決意を新たにした。

茨城国体デモンストレーション競技・エアロビック競技大会開会式(R1.9.23)

私は、地元のエアロビック連盟の顧問を務めているが、国会のエアロビック議連のメンバーでもある。この日は、地元取手市で、国体デモンストレーション競技・エアロビック競技大会の開会式。茨城県協会の宮本真理子理事長を初めとした関係者のご労苦に感謝を述べるとともに、令和の御代になって初めてのこの国体で、楽しみながら、エアロビックを盛り上げて頂きたいと挨拶。その後、演技も見させていただく。