確かな政治で確かな未来を!!日本を立て直す
メニュー ホーム コラム プロフィール 政策 目で見る活動 国会での発言 はなし康弘からのお願い リンク ご意見 サイトマップ
 

列国議会同盟(IPU)に参加(2)~是非広げたい議員同士の人間関係

2004-11-2

列国議会同盟の会議場では、各国の議員同士でいろいろ話をする。
平和と安全保障委員会の私の発言後、JAPANとITALYで隣席になったイタリアのアンドレオッティ元首相には、「グッドスピーチ」とほめていただいた。

また、同じアジア同志のよしみで、私が大使館員をしていたインドネシアの議員団や、食事をともにした韓国の議員団とは良く話をした。

聞いてみて改めて痛感したが、各国とも、この1~2年で、議員が大幅に入れ替わり、しかも若返っている。

インドネシアの代表団は、4月の総選挙で、7割が新人議員になり、10月から初の国会開催と言うことで、IPUの後半の総会を待たずに、そそくさと帰国してしまった。

韓国の代表団と懇談していたら、こちらもやはり4月の総選挙で、5割以上が新人議員になり、大いに若返ったとのこと。
(続きを読む…)

列国議会同盟(IPU)に参加(1)~結構ハードな国際会議

2004-11-1

平成16年9月28日から10月2日までの間、世界の国会議員により構成される唯一の国際機関である列国議会同盟(本部・ジュネーブ、約140か国)総会に参加してきた(筆無精でご報告が遅れたことをお詫びいたします。)。
さて、列国議会同盟総会は年に2回開かれる。春の総会は各国回り持ちで、比較的派手に開催されるが、秋の総会は、毎年本部のあるジュネーブで、実務的に開催され、参加人員も春に比べると少ない。
私が参加したのは秋の大会の方、日本からは、瓦力元建設大臣を団長に、国際通議員が衆参で7名(自民党4、民主党3)参加した。実のところ、この手の国際会議の出張は、結構ハードで、今回も次のような強行日程だった。
9月26日昼に成田発、深夜に、ジュネーブ着。
(続きを読む…)

オレオレ詐欺の撲滅のために

2004-10-23

オレオレ詐欺が横行している。
昨年はついに被害額100億円を突破。ご老人たちに考えるすきを与えないで、「オレオレ、事故にあって至急金がいるので振り込め」という手口。
このような手口が横行している背景には、老人のみの世帯が増えているということもあるが、インターネット上で、容易に口座の売買ができるようになってきたという事情がある。
警察庁の方では、漆間新長官が、このような口座の取引を規制して欲しいという要望を持っていたが、預金口座の売買等の所管はいかんせん金融庁、では議員立法でやろうということになった。座長は菅義偉衆議院議員で、初会合が10月14日、私も、10人のメンバーの一員に加わることになった。
(続きを読む…)

自民党の改正憲法案起草委員に選ばれる

2004-10-19

10月19日の自民党憲法調査会で、18人の憲法改正案起草委員が正式に承認され、私も、1期生としては唯一、そのメンバーに選ばれた。
起草委員会は、11月初旬まで、当所属の全国会議員に開かれた場で、論点に沿って各議員の意見を聞いた後、11月中旬からはほぼ毎日会議を開き、12月半ばをめどに、改正草案を起草していく。

衆院憲法調査会での意見表明

今まで、個々の議員の私案こそあったが、政権党として、条文の形で、党としての正式の憲法改正案をとりまとめるのは、歴史上初めてのことであり、私自身、そのメンバーに選ばれたことを大変名誉に思っている。
(続きを読む…)

対北朝鮮経済制裁シミュレーションチームの一員に

2004-10-19

多くの国民は、ジェンキンスさんの来日以降、北朝鮮による日本人拉致問題解決への速度が鈍っていると感じているのではなかろうか。
実際、北朝鮮は、日朝協議の場でも、再調査の難しさを長々と説明したり、情報を小出しにしたりで、どう考えても誠実な対応を行っているとは言えず、与党の議員の多くも、大いにいらだっているのが実状である。
(続きを読む…)

地元白山町内夏祭り

2004-8-8

地元白山町内夏祭り

今日は、地元取手市白山町内会の夏祭り。

毎年欠かさず、消防分団員として、子供神輿や大人神輿の警備についているが、今年も、午前11時半から午後3時までの子供神輿の警備に参加した。

私の住んでいる取手市も、多くの中小都市と同様、人口の高齢化と少子化が進み、また、中心市街地の商店街は寂れつつある。
この数年を見ても、なかなか子供神輿の担ぎ手が集まらないし、お祭りへの人手もかつてほどではない。
(続きを読む…)

現行警察法50周年に思う

2004-7-26

~治安回復のためのさらなる努力を~

本日、現行警察法施行50周年記念式典に参列してきた。

式典は、天皇皇后両陛下、小泉内閣総理大臣、衆参両院議長、最高裁長官を迎え、関係者300人により執り行われた厳粛なものであった。私も、歴代国家公安委員長らに混じり、警察庁出身の国会議員として招かれたが、二列目の真ん中近くの席で、平沢勝栄衆議院議員の隣り、しかも、大先輩である歴代長官・総監よりも上席で、平沢議員とともに恐縮することしきりであった。

式典冒頭、国家を斉唱したが、天皇陛下の間近で、しかも陛下に正対して君が代を歌うのは、勿論生まれて初めてで、大変感激した。
(続きを読む…)

日本とインドネシアの深く・新しい関係

2004-7-15

日本とインドネシアの深く・新しい関係

私が事務局次長を務める日本・インドネシア友好議員連盟会長の武部勤衆議院議員(元農水大臣)とともに、国会内の議院運営委員会理事会室で、インドネシアのギナンジャール上院議員(元経済担当調整大臣、元経済企画庁長官)と会談した(イルサン駐日インドネシア大使も同席)。ギナンジャール氏は、故渡辺美智夫副総理が大変評価されていたインドネシアの政治家である。

実は、イルサン大使は、私がジャカルタの日本大使館で勤務していた頃からの知り合いで、前々から、是非インドネシアを知りたいという若手議員の声かけ人となって欲しいという依頼があった。
(続きを読む…)

「ハト派からの改憲論」序説

2004-7-13

憲法問題については、これまでもいろいろな発言を行ってきましたが、去る7月13日号の(財)青少年交友協会の雑誌「野外文化」に、私の主張を寄稿しましたので、抄録いたします。

「ハト派からの改憲論」序説

従来、憲法論争には、「タカ派=改憲論」、「ハト派=護憲論」の色分けがあり、これは、現在も変わっていない。

ただ、戦後教育世代である私自身は、最近、私達が教わったハト派的平和主義の実践のためにも、「現行憲法の存在は、極めて有害かつ危険」との思いを強くしている。

すなわち、今から十年前の平成六年、政権党となった村山社会党は、それまでの頑固な自衛隊違憲主張を一転させ、「自衛隊合憲」を鮮明にする。
(続きを読む…)

参議院選挙の審判に思う

2004-7-12

参議院選挙の審判に思う

参議院選挙の審判が下った。自民党49議席(改選前51)、民主党50(改選前38)という、自民党にとっては極めて厳しい結果だった。

私は、さきの国会で民主党の年金改革案の余りのお粗末さ(年金は要は負担と給付のバランス。これを無視して「一元化」のお題目を唱えても、何の解決にもならないし、かえって年金財政を破綻に導くだけ。)を目の当たりにしていたから、現在の民主党に、とても政権担当能力があるとは思えない。ただ、衆院段階では、国民負担増とならざるを得ない政府の年金法案の成立に合意していたにもかかわらず、選挙では、掌をかえしたように政府を批判すれば、それは有利だろうし、民主党の議席も増えよう。だからこの選挙、争点という意味では、ちょっとフェアでなかったようにも思う。

しかし、自民党の方に問題がないわけではない。やはり説明が足りない。
(続きを読む…)